内科・消化器科・アレルギー科 鳥居内科クリニック

成城学園前駅 駅ビル内。雨でも安心、駅からすぐのクリニックです。電話 03-3482-3737

苦痛のない内視鏡検査「経鼻内視鏡」

鼻から挿入メリット:嘔吐感がない、自分で画像をチェックできる、検査中に医師と話をしながらの検査、経口内視鏡検査と比べて時間がかからない

鼻からカメラを挿入する方法で、従来の口から行う内視鏡検査と比較して、オエッという反応が起こらないのが最大の特徴です。経口内視鏡と比べ、苦痛は大幅に軽減されたことは間違いありません。今までは、「胃カメラは苦しくて辛い」という経験や連想から、内視鏡検査にはどうしても二の足を踏んでしまいがちだった人も、経鼻内視鏡検査なら「苦しくないからやってみようか」と来院される方も増えてきました。

写真:経鼻内視鏡こんな時には是非、検査を

  • 胸のつかえ感がある
  • みぞおち付近が痛む
  • 腹痛、吐き気の自覚症状
  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、びらんの既往症
  • 家系に胃がんの方がいる
  • 慢性胃炎

以前、急に激しい腹痛に襲われた女性が迷わず経鼻内視鏡検査を受けて、胃の中にアニサキス*を発見。すぐに鉗子で除去してことなきを得た事例もありました。
*アニサキス:海産動物に寄生する寄生虫。刺身など魚介類から人に感染し、食後数時間のうちに激しい腹痛と嘔吐を起こす。

「診療案内」トップにもどる